遺産分割協議でもめている
詳細は「遺産分割」のページへ
遺言書に納得がいかないので遺留分減殺請求をしたい
詳細は「遺留分について」のページへ
遺産分割について一方的に理不尽な条件を突きつけられている
詳細は「遺産分割」のページへ
不動産がある場合の遺産分割ってどのようにしたらいいの?
詳細は「遺産分割」のページへ
法的に有効な遺言書の書き方がわからない
詳細は「遺言について」のページへ

お知らせ

2016.9.21 フジテレビ「バイキング」9月21日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.9.16 「サンケイスポーツ」9月16日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.9.16 「デイリースポーツ」9月16日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.9.16 「FRIDAY」9月16日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.9.14 フジテレビ「バイキング」9月14日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.9.13 「日経DUAL」9月13日配信に徳原弁護士の連載記事が掲載!
2016.9.13 「週刊女性」9月13日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.9.10 「デイリースポーツ」9月10日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.9.8 テレビ朝日「グッド!モーニング」9月8日放送に徳原弁護士が出演!
2016.9.7 フジテレビ「バイキング」9月7日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.9.1 「サンケイスポーツ」9月1日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.9.1 「デイリースポーツ」9月1日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.31 フジテレビ「バイキング」8月31日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.8.31 「サンケイスポーツ」8月31日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.30 「週刊女性」8月30日発売号(9月13日号)に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.24 「デイリースポーツ」8月24日発売に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.24 フジテレビ「バイキング」8月24日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.8.23 AbemaTV「AbemaPrime」8月23日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.8.19 KBCラジオ「PAO~N」8月19日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.8.10 フジテレビ「バイキング」8月10日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.8.6 FMラジオ局「e-radio LAKESIDE FM77.0」に西川弁護士が出演!
2016.8.5 「FRIDAY」8月5日発売号(8月19日・26日合併号)に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.3 「週刊文春」8月3日発売号(8月11日・18日合併号)に西川弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.3 「東京スポーツ」8月3日発売(8月4日号)に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.8.3 フジテレビ「バイキング」8月3日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.7.27 フジテレビ「バイキング」7月27日放送に徳原弁護士が生出演!
2016.7.27 「日経DUAL」7月27日配信に徳原弁護士の連載記事が掲載!
2016.7.26 「週刊女性」7月26日発売号(8月9日号)に徳原弁護士が取材を受けた内容が掲載!
2016.7.21 テレビ朝日「グッド!モーニング」7月21日放送に徳原弁護士が出演!
2016.7.20 フジテレビ「バイキング」7月20日放送に徳原弁護士が生出演!

当事務所が選ばれる4つの理由

専門家との幅広いネットワーク
当事務所では、所属弁護士だけでなく、時には司法書士などの各士業の先生方や、不動産会社など各分野の専門家の皆様との幅広いネットワークを駆使して、事案を解決して参ります。登記のこと、不動産のことなど様々な手続きもスムーズに行うことができます。
ご相談は無料
ご相談は無料です(初回のみ60分)。周りの方にはお話しにくいご相談もお気軽にどうぞ。
迅速な処理
相続は争いが激しいので、解決まで時間がかかるのが普通とされてきました。相続の事情とご依頼者様の立場をまとめ、その後の手続きを迅速に進めることに努力します。
メディア実績多数
当事務所では、テレビやラジオ、新聞、雑誌、インターネットなど各種メディアのご依頼を受け、出演や解説を行っております。

弁護士に依頼するメリット

  • 故人を偲ぶお時間をもつことができます。
  • 書類作成や取得・提出など、煩雑な手続きから解放されます。
  • 物件や相続人の調査、手続きなど漏れなく進められるため、遺産分割協議や法的手続きが無効になる可能性がなくなります。
  • 家庭裁判所や法務局への面倒な書式の作成、手続きをしなくてもよくなります。
  • 相続人同士の実情や生活実態に応じた合理的な協議内容が提案できます。
  • 故人の借金を背負う心配がなくなります。
  • 感情的でデリケートな親族間の相続のトラブルから解放されます。
  • 法的に有効な遺言、死後の相続トラブルを回避する内容の遺言が作成できます。

ご依頼者様の抱えておられる問題には、一つ一つ違った要素が含まれております。
そして、法律的な判断のみならず、相続人間の感情や生活実態に配慮した柔軟な対応が求められます。
ですから、後から後悔しないためにも経験豊富な弁護士のアドバイスが必要不可欠なのです。

▲ 上に戻る

  • プライバシーポリシー
  • よくある質問

0120-205-376

メールでのお問い合わせ

COPYRIGHT © 弁護士法人・響 ALL RIGHTS RESERVED.