相続について


相続とは

相続とは、故人の遺産を子どもや配偶者などの相続人が受け継ぐことを言います。
相続を承認すれば、プラスの財産だけでなく、借金などマイナスの財産も受け継ぐことになります。

相続は、被相続人(亡くなって遺産を相続される人)が亡くなると同時に開始され、遺産の全てが、相続人に受け継がれます。
この段階で、法律上の手続きや届出は必要なく、被相続人が亡くなったことを相続人が知らなくても、相続は開始されることになっています。

相続人となる血族の順位は、第1順位:故人の子ども、第2順位:直系尊属、第3順位:兄弟姉妹の順となり、配偶者は常に相続人となります。
第1順位から優先的に相続人となり、第2順位は第1順位の相続人がいない場合、第3順位は第2順位の相続人がいない場合にそれぞれ相続人となります。

配偶者
常に相続人
血族 第1順位
子(実子・養子・胎児)もしくは代襲者(孫)
法定相続分:2分の1(配偶者:2分の1)
血族 第2順位
父母(いなければ祖父母)
法定相続分:3分の1(配偶者:3分の2)
血族 第3順位
兄弟姉妹もしくは代襲者(甥・姪)
法定相続分:4分の1(配偶者:4分の3)
相続人となる血族の順位の図

※被相続人の子が、被相続人の死亡よりも前に死亡していたときには、孫が子を代襲して相続し、兄弟姉妹が先に死亡していたときも兄弟姉妹の子が兄弟姉妹を代襲して相続します。

遺言相続とは

被相続人の遺言がある場合、遺言に従って遺産を相続します。
これを「遺言相続」といいます。

遺言の捜索について
遺品の中にも遺言が見当たらないときは、最寄りの公証役場に問い合わせをしてみてください。遺言作成をどの公証役場で行ったか検索してくれます。

法定相続とは

被相続人が遺言をしていない場合、民法に従って遺産を相続します。
これを「法定相続」といいます。
この場合、被相続人の死亡と同時に相続が開始され、遺産は共同相続人の共有になります。

相続財産の分割について
不動産の遺産があるときには、相続人がその法定相続分に応じて、不動産を共有します。その共有の登記もできます。
共有である遺産をどう分けるかは、話し合いで自由に決めることができます。必ずしも法定相続分に従う必要はありません。
詳しくは後述しますが、この法定相続人同士の間で協議することを遺産分割協議といいます。
特別受益について
相続の際、生前贈与(遺贈、婚姻、養子縁組、生計の資本としての贈与)を受けていた相続人の相続分を、もらっている分だけ少なくするものです。
遺産にその贈与の額を加えたものを相続財産とみなし、法定相続分の計算をし、贈与を受けた者は、贈与の額を引いた残額を相続分としてもらいます。
寄与分について
被相続人の生前に、財産の増加・維持に特別に寄与をした相続人が、その寄与した部分を優先的に取得できるものです。
遺産からその寄与分の額を引いたものを相続財産とみなし、法定相続分の計算をし、寄与のあった相続人は相続分に寄与分を加えた額をもらいます。

▲ 上に戻る

  • プライバシーポリシー
  • よくある質問

0120-205-376

メールでのお問い合わせ

COPYRIGHT © 弁護士法人・響 ALL RIGHTS RESERVED.