解決事例


ご依頼者様 50代男性 Aさん

Aさんは長男で、結婚後20年以上両親と同居し、介護も含め、Aさんの家族で両親ともに最後まで面倒を見ました。Aさんの姉2人は、家を出てから、お正月に1回顔を出すぐらいでした。
両親が亡くなり、両親の遺産は同居していた家と土地、そして預貯金400万円程度で遺言書はありませんでしたが、家と土地に関しては、今まで長年同居を続けてきたAさんが受け継ぎ、残りの預貯金を、姉2人で分けてもらうという形で当然了承してくれるだろうとAさんは思っておりました。
すると両親が亡くなった数日後、姉2人が、家と土地を売って全てのお金の3分割が妥当だとする内容の遺産分割を求めてきました。
Aさんの子供も学校に通っていましたし、長年住んだ愛着のある家を売るなんて、とんでもないとAさんは思い。今まで両親に何もしてこなかった姉2人の主張をどうしても受け入れることができず、話し合いは平行線でした。
どうしても、平等3分割にはしたくなかったので、どうやって解決したらよいのか、当事務所へご相談にお見えになりました。
そして、資料集めを行い、Aさんの主張通りになるよう調停に提案・協議を行いました。
協議の結果、Aさんの主張通りの遺産分割案が通り、合意が成立しました。

遺産相続に関するご相談は、ご依頼者様一人一人違った側面を持ち、解決には色々な問題をクリアしなければならない為、なかなか一人で解決するのは難しいです。
こちらのご依頼者様のように、相続人同士での協議ではまとまらず、調停を申し立てるということも多いです。
まずは、一人で悩まずに専門家の弁護士にご相談ください。最適な方法をご提案させて頂きます。

▲ 上に戻る

  • プライバシーポリシー
  • よくある質問

0120-205-376

メールでのお問い合わせ

COPYRIGHT © 弁護士法人・響 ALL RIGHTS RESERVED.