手続きの種類


遺留分について

遺留分とは、特定の法定相続人に対して最低限保証されている相続できる割合のことで、相続人によって遺留分の割合が変わってきます。兄弟姉妹には遺留分はありません。

例えば、この遺留分を侵す遺言があった場合、法定相続人が遺留分を主張すれば、遺留分相当額を受け取ることができます。
ただし、最初から遺留分を相続することはできず、遺言のとおり相続が行われてから、遺留分を主張し、返してもらうという流れになります。

割合は、相続人が両親などの直系尊属のみの場合は法定相続分の3分の1、それ以外は法定相続分の2分の1となります。

遺留分減殺請求

遺留分の権利は、遺留分を侵害する相続を受けた者に対して、「遺留分減殺(げんさい)請求」をすることにより、行使します。この請求は、相手に対して意思表示すれば足りるのですが、のちのちのトラブルにならないよう、証拠を残しておく意味でも内容証明郵便などで意思表示することをお勧めします。

この権利を行使するかどうかは、各相続人の判断に委ねられていますので、必ずしもしなければならないというわけではありません。

遺留分減殺請求の期限は、相続の開始および遺留分を侵害する贈与や遺贈があったことを知った時から1年以内、相続が開始した時から10年以内となっており、時効により消滅することとなります。

▲ 上に戻る

  • プライバシーポリシー
  • よくある質問

0120-205-376

メールでのお問い合わせ

COPYRIGHT © 弁護士法人・響 ALL RIGHTS RESERVED.